ケチャマヨ★スペインへ行く(3日目・トレド後編)

雨に打たれ、歩きつかれ、居場所もわからず、道に迷い、
ただただ、逃げるように入ったレストラン、LA TARASCA(ラ タラスカ)。
海ガメのような、へんなドラゴンが壁に描かれています。
時間的にコース料理しかなかったのですが、
英語メニューも用意してくれたりで好感触♪
2人なので別々のコースにして、分け分けすることにしました。
※ケチャマヨは旅行先でなくてもいつもそうしています。
 そうすることにより多くの種類を食べることが出来ます!
 そして仲良くなれます。みなさんも、ゼヒ!
メニューを選ぶやいなや、固めのパンをテーブルに
「ゴトッ」と無造作に置かれます。直に置かれます。
04-00.jpg
ちょっとびびりました。でもなんかうれしい。
異国なので違う風習を発見するたび、いちいちうれしいのです。
頼んだのは2コース分で以下の内容。
・豆のスープ
04-01.jpg
・パエリヤ(縮小版)
04-02.jpg
・普通の野菜サラダ
04-03.jpg
・なんかの豚のハム
04-04.jpg
・なんかの鳥の肉
04-05.jpg
なんのことはない普通の料理も、
ひとくちひとくちが体にしみわたります。
食べるたび細胞が、生きかえってくるのがわかります。
「生きてて良かった!」
デザートにマサパン、コーヒーも追加注文して満足!
04-06.jpg
04-07.jpg
 ・ ・ ・ ・ ・
休憩も出来たし靴も乾いてきたかな?
もう一度ガイドブックで作戦会議。
今は自分たちの居場所もわかります!
「よし、行こう!」
外に出るともうすっかり雨はやんでいました。
04-08.jpg
自分の居場所がわかるのと、
自分が向かっている方向がわかるのと、
自分が思う方向に動けるのがこんなにうれしい事だなんて!
不思議なもので、雨が降っているときには全くわからなかった
カテドラル(大聖堂)の場所もすぐわかりました。
04-09.jpg
カテドラルは素晴らしかった。
マドリードのいろんな建物と比べると、
印象としては薄汚れているんだけども、
その汚れの濃淡が歴史の重みを描き出しているようでした。
こうなると疲れてることなんて関係なくなりますね~。
調子に乗ってテクテク、テクテク歩きます。
「楽しくなってきた~!」
お土産屋さん通りなんかも普通にあったので
いろいろ見て回りました。
トレドの名物といえば金銀細工。
04-10.jpg
おかしもいっぱいありますね~
04-11.jpg
やっぱりタホ川に囲まれています。
04-12.jpg
そして、本格的に晴れてきた~!
04-13.jpg
この青空を見るためにスペインに来たのでした。
一週まわってまたカテドラルへ。
青空だとぜんぜんイメージが違います。スバラシカ!
04-14.jpg
★ぜひ画像クリックで拡大して見てみてください!
 ・ ・ ・ ・ ・
こうなってくると迷うことすらも楽しくて、
迷うたびにいろいろ発見があって、
おもしろい看板や、古い建物に、いちいち驚きました。
04-15.jpg
雨の時には気づかなかったけど、結構修学旅行生っぽい集団がいますね。
04-16.jpg
アジア人、とくに日本人は今スペインで人気らしく、
ケチャマヨの2人も「ハポネ!ハポネ!」と声をかけられ、
写真を撮られたりもしました。なんかうれしい♪
ケチャマヨはスペインでデビューするかもしれません!!
 ・ ・ ・ ・ ・
帰りの新幹線が夜7:30発なのでそろそろ戻らなくてはいけません。
やっとなじんだトレドの街とも、もうお別れです。
石畳の石、一粒一粒を踏みしめるように・・・というのは大げさですが、
とにかく雨が上がってから、一気にトレドが愛おしくなりました。
04-17.jpg
入るときには通れなかった正門、
「ビサグラ新門」を通って城壁を出ます。
04-18.jpg
タホ川を渡ってトレドの街を後にします。
04-19.jpg
サラバ!
 ・ ・ ・ ・ ・
帰りの新幹線の車窓には行きとは違った力強い、大きな雲が。
04-20.jpg
「明日は晴れるかな?」
04-21.jpg
明日はマドリードの最終日です。
まだ良くわかっていないマドリードを探検します!
・・・ほんとは今晩余裕があったら、
マドリードでフラメンコを見ようとも思っていたのですが、
大冒険に疲れ果てて、ホテルの近所のファミレス?に行って、
ビール飲んで・・・すぐ寝ました。 グゴ~zzz
雨の夢を、指先がふやけた夢を見ました。
いや、夢のような昼間の現実でした。
(つづく)
【 4日目・マドリード前編へ >> 】