ケチャマヨ★スペインへ行く(5日目・グラナダ前編)

今日は2008年4月13日(日)
昨日、怒涛のごとく最後のマドリードを満喫して、
新幹線に乗って、車窓を流れるスペインの田園風景を眺めながら
ここグラナダについたのはもう夜中でした。
まわりは暗くて、はっきりとは見えなかったのだけれど、
駅から向かうホテルまでの道、ひしひし伝わる異国の雰囲気。
ここはヨーロッパじゃないかも!って思っちゃいました。
泊まったホテル【プリンセサ アナ】もちょっとクラシックな味わい。
やっぱりちょっとトルコっぽいっていうか中東っぽいっていうか。
07-01.jpg
ホテルの窓から
昨晩遅く寝たにもかかわらず今朝は超早起き!
朝食が7:30スタートなのを忘れて、7:15に行って、
ホテルのおじさんに追い出されるほど…笑
あとで説明するけど…
今日は9:15分に到着しなければ!という場所があるためでした
07-02.jpg
まだちょっと暗い、朝の街。
ここのホテルでの朝食も、やはりビュッフェスタイル。
食堂にはツアー客らしい日本人の団体もいました。
さすが世界遺産、アルハンブラ宮殿!
そう、今日の目的地であるアルハンブラ宮殿は
さすが世界遺産だけあって入場客数の制限があるそうで、
その中でも王宮は時間ごとに入場制限をするという徹底ぶり。
なので前もってチケットを予約していないと、
「行ったはいいけど入れなかった~!」ってな悲劇に見舞われる恐れがあります!
他のツアー客はもちろん旅行代理店が手配しているだろうけど、
ウチラはフリープラン。宮殿に入ろうが入ろまいがそれも自由!
自由って、なんて恐ろしいんだ・・・
(そんなケチャマヨはフリーランスのデザイナー・・・)
そこで、旅行前にインターネットで探しましたよ「日本語情報センター」
日本人が日本人のためにスペインの文化(特にフラメンコ)を伝えるために、
ここグラナダで長年営業されているそうです。
そこでアルハンブラ宮殿の入場チケットの予約も代行してくれるとのことで
あらかじめメールで、お願いしていたのでした。
日本語情報センターは市役所の近くにあり、
ホテル(とグラナダ駅)からはちょっと距離があります。
急いで朝食を済ませ、荷物はホテルに預かってもらい、
バスを待っている時間も惜しくてタクシーに乗りました。急げ!
07-03.jpg
07-04.jpg
なんとか市役所前広場に着き、
そして9:15分に日本語情報センターのチャイムを押す。
07-05.jpg
「ピンポーン」
出てきたのは渋いおじさま。
中へ案内されるとたくさんのネコたちが。
グラナダでフラメンコが見れなくて残念だったということ、
新婚旅行だということなどを話し、アルハンブラ宮殿の巡り方も
地図を用意してわかりやすく説明してくださいました。
なにより、日本語なのがイイ!
お昼ごはんオススメはありますか?と聞いたところ、
「郷土料理、食べたい?
 ウサギとか食べたことある? 豚の脳ミソは?」
と素晴らしい提案を。(ウサチャン!?脳みそ!?)
恐る恐るながらも即答で「食べたいです!」と答えてお店の場所を教わりました。
アルハンブラ宮殿は10時から入って、王宮は11:30から、
ゆっくりしても14時くらいだろうからそれから下山してレストランに行こうっと♪
そういう計画です。
今まで時差ぼけという時差ぼけはなかったんだけど、
それでも一日中歩いてるのでやっぱり朝は遅くて。
でもここグラナダでは予約の関係で、朝9時の街を(強制的に)歩くことができて新鮮!
石畳からはひんやりと冷気が伝わり、ぐんぐん上る太陽からは裏腹に強い日差しが。
07-06.jpg
ここはスペイン南部、地中海に近く、ちょっと過ぎたらアフリカ!?ってなとこ。
寒暖の差と、通りの静けさに身が引き締まりました。朝歩けてよかったな~。
大通りから右へ、細い道に入っていきます。
07-07.jpg
おみやげ屋さんを過ぎて、
ちょっと心配な「ん?工事現場?」な感じの、でも確かに
「ALHAMBRA」と書いてある看板の通りに進みました。
07-08.jpg
山道を抜けたら・・・あ、噴水が見えてきました。
いよいよアルハンブラ宮殿って感じですか。
07-09.jpg
チケット売り場では良くわからず、結局並んだのですが、
無事ゲット!ちょっと戻る感じで入り口に向かいます。
ネコがいっぱいいたので「アルニャンブラ宮殿」とか言っていました。
07-10.jpg
アルニャンブラ、アルニャンブラ、アルニャ~ンブラ。
小さな門をくぐると、いろいろ建物が見えてきましたよ!
07-11.jpg
すごい、歴史を感じます。全体に茶色い世界です。
07-12.jpg
王宮の中へ入れるのは11:30からなので、それまでは別の場所を探索!
入って左のほう、城塞?へ向かいました。
雨のトレドとはうってかわって、い~い天気。
ほんとそれだけでいい気分です♪
07-13.jpg
城塞は四角く、りりしく、切り立っています。
ちょっと登ってみようと思います!
 ・ ・ ・ ・ ・
すごいです! 見下ろす町並みがきれいです!
白い壁と、茶色い屋根と遠くの山がとても美しいです!
絶景かな!!!
07-14.jpg
迷路のようになっている庭園を抜け、
さらに、城塞の中でも一番高いところに登ります。
あそこのてっぺん目指せ!
07-16.jpg
 てくてくてく
 ・・・ついた!
07-17.jpg
うわぁ!遠くの山は雪化粧!
07-18.jpg
グラナダの街も一望です!絶景かな!!!
07-19.jpg
日本の姫路城もすばらしいんだけど
またグラナダはその宮殿とその周辺の町並みが調和しているというか、
宮殿と街全体で世界遺産を作っているように思いました。
スズメはだいたい同じでしたけど。
07-20.jpg
 ・ ・ ・ ・ ・
そしてそろそろ王宮に入れる時間、
時間制限で入場制限してるはずなのに
入り口は長蛇の列!ちょっと待ちますねぇ。
07-21.jpg
・・・日陰は寒いです。
さあ、中に入りましたよ!
07-23.jpg
王宮の中の彫刻、タイルの装飾はすばらしく、繊細で、キレイです。
07-24.jpg
07-25.jpg
07-26.jpg
天井の彫刻をずっと見上げてたら遠近感がおかしくなり、
ちょっとめまいがしました。。。
中はもちろん素晴らしいのですが、ちょっと中庭に出たときに
そのお花や緑がキレイでした。煉瓦の壁と緑とお花がすごい良いです。
07-27.jpg
07-28.jpg
レンガの隙間から小さなお花が芽を出して咲いてると、
「キュン」とします。わかります?
07-29.jpg
そのすばらしいレンガと緑の庭を抜け、離宮へと向かいます。
なんでも王様が夏に避暑地として使っていたとか、いないとか。
ここはさらに手入れがされています。
天空の城ラピュタを思い出します。
07-30.jpg
ロボット兵が今にも顔を出しそうです。
頭の中ではラピュタのサントラが流れてきます*
またちょっと上がったところに庭園があるというので
そこに向かいます。もう気分はパズーとシータです。
07-31.jpg
階段を登って見えたそこは・・・ 楽園。
この世にこんなきれいな場所があったとは!!(涙)
07-32.jpg
お花と、白い壁と、噴水と。
水の音と鳥の声が響き渡ります。
天気も良くて最高にいい気分。
ナオヒロもサヤカも
「キレイきれい綺麗~***」と、うっとりしっぱなし!
サヤカは何度も「ここに住む」といっていました。
いや、まあ住むには不便だろうけど、気分はわかる。
ほんとにすばらしいアルハンブラ宮殿。
世界遺産だから古さを売りにしているのかと思いきや、
お花や緑や噴水など…きっちり新しくきれいな部分もあり、
そのあたりのバランスもいいのかなぁと思いました。
07-34.jpg
 ・ ・ ・ ・ ・
後ろ髪ひかれつつ、王子様&お姫さま気分のまま山を下ります。
おなかもすいてきました。
さらば、そしてありがとう!アルニャンブラ宮殿。また来るよ。
しかしトレドは雨でも、この【天空の城】は晴れて本当に良かったなぁ!!
07-33.jpg
♪神様ありがと~♪こんなに世界一の【ラピュタ】日和~♪♪♪
(ケチャマヨオリジナルソング〔カラフルピクニック〕替え歌・笑)
宮崎駿監督さんは、ここには来た事あるのかなぁ?と思い、あとで調べたところ…
【天空の城ラピュタ】の外観モデルはフランスの〔モン・サン=ミシェル城〕らしい。
でもラピュタファンは、ゼヒ!来てみて!ほんとパズーとシータになれました!
ラピュタの中のモデルはスペインのここなんじゃないのかな!?っていうくらい…
そういえばトレドの金細工の、鳥が描かれたペンダントも、まるで飛行石!?(笑)
お昼は日本語情報センターのおじさんに教えていただいたレストラン。
そこでウサギと豚の脳ミソを食べるんだ!・・・大丈夫かな?
(つづく)
★関係ないけどオリジナル曲「Love Letter」

はなうたプレイヤー


・作詩:ケイコ
・作曲&編曲:ナオヒロ
・歌唱&演奏:ケチャップマヨネーズ?