休むことの大切さを知る

25_遊んだね

悩んじゃう人って、やっぱり真面目な人なんだと思います。
頑張って、頑張って、考えて、悩んで、
それでも前に進めなくなったらどうする?

答えは簡単、休みましょう♪

***

 

嫌なことをやってたら悩むっていうのはわかりやすいけど、
好きなことをやっていても悩んじゃうこともよくあります。

むしろ、好きなことほど妥協を許せない事も多いですし、
さらに、好きなことっていくらでもやり続けちゃえるから、
疲れに気づかなかったり、疲れを無視できちゃったり、
それでもやっぱり疲れはたまるから、だんだん上手く行かなくなったり、
好きなことなのに苦痛に感じたり…それが悩みの原因だと思います。

でも、頑張れば頑張るほど(=楽しめば楽しむほど)休みが必要です。
次にまた頑張る(=楽しむ)ためにも休みは必要なんです!

これって毎日の生活で睡眠が必要なことと似ていますよね。
日中どんなに楽しいことがあっても、学ぶことがあっても、
最後には眠ることがとても大切で、一説によると、
睡眠中に脳の中で情報の整理と保存が行われるそうです。

余談ですが、「徹夜して頑張った!」って自慢げに言う人は、
自分の頑張りを誇りに思って、認めて欲しいのかもしれませんが、
実際は、計画性の無さと効率の悪さと、情報の整理も保存も出来ていない、
「その場限りのやっつけ仕事をしましたよ!」と公言していることに…。
(たまに無茶して自分の限界を知ることも悪くないですが、
まぁ、自慢することじゃないですよね。)

 

同じように、人生においても、
好きなことに熱中すればするほど、
休むことってとても大切なことです。

もし行き詰まって悩んでるのなら休むことで気分転換になるし、
ノリノリで順調なときこそ、さらに次の一歩も楽しめるように。
さぁ、積極的に休みましょう♪

***

 

自分の経験を振り返っても(主に退職後の休みですが…)
休みが次の大きな飛躍につながっているような気がします。

電気回路設計の仕事を辞めたあとの休みでは、
音楽を始められたし、Webデザインの勉強も出来ました。
ネットショップ運営の仕事を辞めた後の休みでは、
一眼レフデジカメで写真撮影の楽しさに目覚めました。
また、Webデザインの仕事を辞めたあとの休みでは、
今につながるライブ活動をやり始められました。
最後に、Webディレクションの仕事を辞めたあとは、
もうこのコンサートだけやっていこうと決心できました。

半分意識的に、半分感覚的に、
仕事を変えるときに出来るだけ間を開けたのですが、
その間のいっけん無駄な時間が、給料の振り込まれない休みが、
振り返ると今の僕の、すごく大切な部分になっている!

そう、僕の財産は仕事で貰ったお給料ではなく、
あの休み時間だったのです。

 

別に会社を辞めたり、大きなことを始める必要は無いですが、
もし今「こんなに好きなことを頑張ってるのに結果が出ない…」
と悩むことがあったら、一旦それから離れられるくらいの
お休みが必要な時期なのかもしれませんね。

一日の中でも十分な睡眠を、
一生の中でも十分な休暇を。

この休みって、べつに親や先生や上司に許可されるものじゃなくて、
自分が必要と思うだけ、たっぷりとって良いんですからね。

たっぷり休んだらまた活動したくなる!もっと楽しくなる!
仕事も遊びも休みも、自分の人生の采配は自由です。

 

追伸:頑張っている方へ

僕も「かなりの頑張り屋」を自認しているので自戒の念を込めて言いますが、
ちゃんと寝て、リフレッシュしてから浮かんだキャッチコピーのほうが、
辛くなるくらい頑張って作った分厚い書類よりも、何倍も説得力を持ちますから〜!
だから安心してもう、寝てください。

おやすみなさい。

 

子どもも大人も楽しめるイベントをお探しの方へ

「園の父母会の出し物、何にしようかな?」
「子どもたちが喜ぶお楽しみ会、歌のコンサートはどうかな?」
「小学校PTA主催の観劇会は、どんなのがいいかな?」
「いつもの講演会、今年はもっと家族で楽しめる内容にしたいなぁ」
「もっと多くの方に来ていただけるイベントは出来ないかなぁ」

そんなふうにお考えの方はぜひケチャマヨをご検討ください。
他にはない「動く!大きな絵がある」ファミリーコンサートは、
小さな子も大きな子も、パパもママも、じぃじもばぁばも、
家族が一緒に楽しめて、心があたたまるパフォーマンス☆

全国どこへでも飛んでいきます!

★おかげさまで2015年は106回の公演を行いました!(振り返り記事はこちら)

2015カウント画像-タイル

子育て支援・親子イベント・保育園・幼稚園・小学校・父母会・PTA
障がい者施設・ご高齢者施設・企業イベント・お祭り などなど…
楽しいイベントを探しているお友だちにも、ぜひご紹介してくださいね。

★ケチャマヨの出張コンサート詳細・お問い合わせはこちら
https://kechamayo.jp/performance/

詳細お問い合わせはこちらボタン2016

 

Follow me!