ケチャマヨの自己紹介

ケチャマヨは、歌と詩とイラストとあそび担当の妻「サヤカ」と、ギターと作曲とアニメとweb制作担当の夫・ナオヒロの、なかよし夫婦ふたりで活動しています。それぞれが色々な経験を活かして幅広い作品を作り、パフォーマンスをお届けしています。

ケチャマヨ・サヤカ(sayaka)

サヤカ

神奈川県藤沢市生まれ
藤沢高校・日本デザイナー学院卒

作詩・イラスト・デザイン・キャラクター制作・コピーライティング担当。さらにはハミングのような、楽しくやわらかいボーカルと、タンバリンなど小物楽器も演奏。いつまでも乙女な、歌うイラストポエマーです。

ケチャマヨ・ナオヒロ(Naohiro)

ナオヒロ

兵庫県たつの市生まれ
龍野高校・鳥取大学卒

作曲・編曲・音楽制作・ギター・ピアノ演奏はもちろん、発表の場であるホームページも制作。またアニメーション作品や動画編集、写真撮影なども手がけるなど、なんでもできちゃうマルチなクリエイターです。

 

出会いから現在まで

コンサートはもちろん、詩と絵と歌の創作やお打ち合わせからホームページや広告まで、事務所やマネージャーなどに頼らずふたりで、ワクワクしながら手作りの活動をしている。そんなケチャマヨの出会いから今に至るまでのエピソードをこっそりお伝えしちゃいます。


2000年のはじまり2000年の秋、サヤカは仕事のイラストを値切られた事がショックで“絵”が描けなくなり、深く落ち込んでしまう。なんとかスランプから抜け出そうと、絵で表現する代わりに、前から書いていた“詩”で、気持ちの整理を始める。そうして生まれた詩たちにイメージが湧き、やがて挿絵が描け、2001年春、サヤカは再び絵を描くチカラを取り戻す。

2001年の出会い2001年5月、そんな状況を後押ししようと声をかけてくれた親友と共に、サヤカは川崎のアートマーケットに出展。詩と絵を集めた小冊子「しのえほん 人生にシオ・コショウ」を、赤の他人だったナオヒロが通りすがりに買っていった。この時ナオヒロは、ギターでオリジナル曲を創り始めるも良い詩が書けず、歌うべきテーマを模索中だった。

そしてその夜、
ナオヒロからサヤカへ感想のメールが届く。

「絵本の詩にとても共感しました。
 あなたの詩に曲をつけても、
 いいですか?」

 

2001年の創作この出会いがきっかけでコラボレーション創作がスタート。ピクニックをしながら即興で詩を書き、曲を作ったりするなどの遊びから、ケチャマヨとしての作品が次々と生まれていった。そんな創作活動を通じてふたりは心を通わせていった。

2002年の転機しかし2002年、ナオヒロは身体に不調を感じ、入院することに・・・大変な手術を受けるも、その後 復活。数ヶ月後ナオヒロは会社に通いながら夜間WEBスクールに通い始める。やがて 2003年10月、ホームページ「はなうたえほん」が完成し、作品たちの公開がスタート!

2006年の結婚この頃はまだスマホもなかった頃で、ホームページで発表してもなかなか感想をいただけず、自分たちで「いいね♪いいね♪」と言い合いながら作品を作り続けていた。少し物足りなさを感じつつも、もっとこの活動をいっぱいやりたい!そう思い、またこれから「それぞれの人生」を「ふたりの人生」にしていこうと、2006年に結婚を決意した。

2007年の初ライブが結婚披露宴2007年4月14日、ふたりの結婚式では自分たちらしさを最大限に出すため、ウエルカムボードを描き、ペーパーアイテムも手作りし、式のBGMを全てセレクトし、そしてやっぱり「自分たちの作品を歌おう!」などなど、まるで文化祭の準備のような、大変だけどとても楽しい披露宴の準備だった。

実は、この披露宴での演奏がケチャマヨにとっての初ライブだったが、とても好評で、お友達からライブイベント出演のお誘いを頂き、それが音楽活動が本格化するきっかけとなった。

2007年のライブハウスでの初ステージただ、音楽活動の経験がなかったので、初めのうちはライブって、どこでどうやればいいのかが分からなかった。

ライブハウス、ライブバー、カフェ、ストリート、公園などなど、いろいろな場所で演奏を試し、どの場所でも楽しさを感じつつも「ここじゃないな」という気持ちが常にあった。ケチャマヨの歌はどのシーンに合うのだろうと、常に考えていた。

ストリートライブ・井の頭公園アートイベント・厚木インディーズ(AIM)での活動など

まだまだ、趣味で行っていた音楽活動。

歌って生きていくなんてムリだと思い込んでいた。

でもやればやるほど自分に嘘がつけなくなって、

「もうこの活動しかやりたくない!」と思うようになった。

「ふたりでなら出来る!」と思うようになった。

2008年ホームページで募集開始ナオヒロはその頃、web制作のフリーランスを行っていたが依頼は少なく、何より体にも心にも負担が大きかった。それなら!とサヤカが思い立ち、いつもは「ホームページ制作承ります」と出していた広告を「どこへでも歌いに行きます」に変えてみた。

2009年に初めて幼稚園の夕涼み会でコンサートそれから半年後。2009年5月、とある幼稚園から「ネットで知り、我が幼稚園の夕涼み会で歌って頂きたいのです」と初めてのご依頼を頂いた!この時の感激は今でも覚えている。コンサートは大成功。なにより楽しかった!!!ケチャマヨが歌うべき場所が見つかった瞬間だった。

大きな絵があるコンサートの誕生それからは子どもたちを中心に、広くファミリーに向けたコンサートを重ね今に至る。最初は「大きな布絵」だったイラストも、プロジェクター投影でより大きく、よりバリエーションを出せるようになった。今ではアニメーションを付けた「動く大きなイラスト」として進化を続けている。

参加型で盛り上がるライブ!さらに、絵と歌だけでなく色々な遊びも考えて参加型のコンサートとして、保育園・幼稚園にとどまらず大人も一緒に楽しめるコンサートになり、色々なイベントからご依頼をいただいている。

あのとき思い描いていた、誰のマネでもない、ふたりにしかできないパフォーマンスができているのが何よりのシアワセ。

ケチャマヨの冒険はまだまだつづく・・・。

 

強力な協力!サポートメンバーの紹介

大きなイベントなど、特別な機会にはサポートメンバーを加えて賑やかに演奏することも可能です!シンプルなケチャマヨふたりでの演奏とはまた違った、賑やかで深いバンド音楽を楽しむことが出来ます

サポートメンバー・まっけんさん

まっけんさん

打楽器「カホン」を主に演奏。ドラム講師でさすがプロのリズム感!他にもシンバルやウインドチャイムなど様々な打楽器を駆使し、ケチャマヨの音楽を、よりパワフルで楽しく演出してくれます☆

サポートメンバー・さと兄さん

さと兄さん

色々な楽器を持つ楽器博士。懐かしくて可愛い音色の「トイピアノ」や、アコーディオンのような郷愁漂うインド楽器「ハルモニウム」など、ケチャマヨの音楽を、より賑やかでドラマチックに演出♪

サポートメンバー・ハヤト(HAYATO)さん

ハヤトさん

グランドピアノやベルの音からオルガンまで幅広い音表現ができる「電子ピアノ」を演奏。さすがプロというアレンジで、ケチャマヨの音楽を、より優雅でオシャレに演出してくれます♪

サポートメンバー・かず兄さん

かず兄さん

打楽器「カホン」を主に演奏。妖精の羽のようなウインドチャイムをはじめ、七色のパーカッションも装備。遊びごころ満点の演奏で、ケチャマヨの音楽を、より楽しく盛り上げてくれます!


※ サポートメンバーをご希望の場合、交通費+お謝礼が別途必要です。メンバーの参加が可能かどうか、ご予算・スケジュールをお伺いしてから判断させていただきます。

 

サポートメンバー募集中!

ケチャマヨの活動をサポートしてくださる、ゆかいな仲間(メンバー)を様々な分野で募集しています。楽器の演奏だけでなく、カメラマン・ステージ演出・手話通訳・歌詞の英語翻訳などなど…ケチャマヨの活動に共感していただける方のご連絡をお待ちしています! mail

 

お問い合わせはこちらから

ご依頼の際は、開催日・開催場所・イベント内容・ご観覧人数・ご予算などを出来るだけ詳しくお教えください。ご不明点は「よくある質問ページ」をご一読お願いいたします。

お問い合わせボタン(記入ページヘ移動します)

★お問い合わせは電話やメールでもOKですが、正式な申込は上記フォームからお願いします♪

メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ